食べれる幸せ。腸閉塞・イレウス

腸閉塞
DSC_0051

 

私は、2000年に受けた手術の後遺症で、

腸閉塞に悩まされていま、、、した。

(過去形!うん。過去のこと!)

 

いや、

本当は、現在も食事制限をしてます。 

 

 

 

DSC_0051

 

 

腸閉塞とは 

腸閉塞の事を書くと、

そちらに意識(エネルギー)が向くので、

避けていました。

 

簡単に説明すると、

私の場合は、

 

手術で開腹(8時間以上)したので、

その時に、腸が空気に触れて、癒着しやすくなりました。

(空気に触れる時間が長い程、癒着しやすくなります。) 

 

かつ、

放射線治療もしたので、

放射線腸炎も起こして、

腸閉塞を繰り返すようになりました。 

 

 

・腸が癒着して、腸管が細くなり

 食べ物詰まり易くなります。

 

・放射線腸炎で、腸の働きが低下します。

 

この2点から、

・食べ過ぎたり

・消化に悪い物を食べると

腸管が詰まり、腸閉塞を起こします。 

 

 

 

そうなると、

激しい腹痛(陣痛並み)、嘔吐を繰り返し、

入院が必要です。 

 

 

そうならないために、

日々、食事には気を付けています。 

 

 

 

自分に問いかける

日常的に、食事には気を付けていますが、

特に、

旅行など行事のある時には、

「激しく」気を付けます。 

 

今回、

10月29日~11月1日まで、旅行しました。

 

旅行前、旅行中、旅行後、

食事に気を付けました。。。。。

そんな時、

夜中にポテチを食べたくなり、

イライラしている自分に気付きました。 

 

ストレス、ですね。 明らかに。(苦笑) 

 

 

これはいけない、と思った私は、 

ゆっくりと深呼吸しながら、 

 

「私は、どうしたい?」

「私は、どうしたら楽になる?(ストレス解消できる?)」

 

と問い掛けました。 

 

 

 

そして、出てきた答えは、、、、 

 

 

 

ちゃんとした食事を食べたい!

「ちゃんとした食事を食べたい!」

と思いました。 

 

 

そして、また問い掛けます。

 

「何を食べたい?

 魚?お肉?中華?」 

 

食べる量が制限されているので、

ここで妥協は禁物です。(笑)

 

 

「気になるレストランに行きたい!」

という答えが出たので、

行ってきました。 

 

食べたい食事を選んで、

食べれる分だけ食べて、とても満足しました。  

 

上の画像にある、ステーキランチを食べました。

 

お箸で食べる柔らかい

サーロインステーキ(120g)は、完食です。

 

付け合わせの野菜と、ご飯は、半分以上残しました。 

 

 

 

お腹が、心が、とても喜んでいるのを感じました。 

 

 

☆ 食べれるって幸せ♪ 

 

☆ 自分の欲求を満たすことが出来て嬉しい♪ 

 

☆ 生きてて良かった♪ 

 

 

 

 

 

愛 ∞ 完食 ∞ 光 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました