お金の循環を良くする最大の秘訣

本・マンガ

 

年を取ると、若いころとは食事の適量が変わってきます。

おまけに、

ちょっぴり舌も肥えてきて、

【量より質】を求めます。  

 

実は、

この【量より質】は、

お金(=エネルギー)にこそ

当てはまります。 

 

  

   ↑

Amazonで試し読みが出来ます。

  

 

 

 

量より質が大事な理由

「朱に交われば赤くなる」

「類は友を呼ぶ」

と言われるように、

周りの環境(エネルギー)に、染ったり、

自分の在り方(発するエネルギー)に似た人が集まります。 

 

良質な所(人)には、良質な出来事が起こります。

悪質な所(人)には、悪質な出来事が起こります。 

 

 

悪質よりも良質がいいのは分かったけど、

お金と関係が有るの?

と思われるかもしれません。 

 

乱暴に言えば、

良質なお金と、悪質なお金がある

と思って下さい。

 

  

 

 

何故、お金が欲しいの?

あなたがお金を欲しい理由は何ですか?

 

・生活のため

・欲しい物、したいこと、行きたいところがあるから

・モテたいから

・優越感を持ちたい

・贅沢したい

・安心するから

 

などなど、様々な理由があると思います。 

 

それぞれの理由を掘っていくと、

「幸せでいたいから」に行きつくと思います。 

 

 

表面的なお金が欲しい理由を満たすには、

良質なお金でも、

悪質なお金でも、大差はないかも知れません。

 

けど、

悪質なお金だと、

・妬まれたり

・騙されたり

・トラブルを起こしたり

悪質な出来事が起こるでしょう。 

 

「幸せ」から遠のいてしまいます。 

 

  

 

お金は手段で、目的ではない!

はい、ここ、必ず試験に出ますよ!(笑)

  ↓

【お金は手段で、目的ではない!】 

 

 

現代社会は、お金のマジック、

オールマイティーぶりに振り回されやすいですよね。 

(その昔、ホリエモンこと堀江貴文さんが、

 「お金で手に入らないものはない」と言ってましたが。) 

 

 

かくいう私も。

拝金主義まではないですが、

お金に振り回されそうになります。 

 

そんな時は、

【お金は手段で、目的ではない!】

と思い出し、

本田健さんの著書、Happy Moneyを手にします。 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました