イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ 

本・マンガ

 

難しい英単語を使う必要は無いから、

何なら、

ネイティブの7歳レベルでいいから、

スムーズに英語を話したい!

と思ったことは有りませんか? 

 

そんな方に、

特に子育て中の方に、お勧めなのが

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ 」です。 

 

 

 

Oxford Reading Treeを抜粋している

こちらの本は、

ORT(Oxford Reading Tree)と言うシリーズを、

抜粋しています。  

 

このORTと言う絵本シリーズは、ステージ9まであり、

ステージが上がるごとに、

語彙が増え、難易度が上がります。 

 

ですので、

無理なく自然に、読解力がつくように構成されています。 

 

 

本書には、ステージ7までの8話が、

オールカラーで掲載されています。

(勿論、CD付です。)

 

本書のリーディングングーディングガイドには、

イギリス英語の特徴なども書かれています。 

 

 

 

ORTお勧めのポイント

①ストーリー展開しているので、読んでて楽しい

→5人家族+犬が、主人公です。

 平凡な日常生活(子供の成長過程)が描かれてますので、

 ほっこり和みます。

 

②自然な英語を、「自然と」学べる

→wobbly tooth この意味は分かりますか?

 ステージ2で、出てきます。 

 ステージ2の単語なのに、

 私は、wobblyの意味が分かりませんでした。 

 しかし、

 この本は、文字数の少ない絵本ですので、

 わからない単語があっても、

 絵を見て、想像して、分かります♪

 こうやって知った単語は、

 無機質に単語帳で覚えるのとは違い、

 二度と忘れません!

 さて、wobblyの意味は、、、 

 「ぐらぐらの」で、

 wobbly toothで、「ぐらぐらの歯」です。

 主人公の乳歯が抜ける話です。 

  

③英語圏の文化を知れる

→上記の「ぐらぐらの歯」では、

 「歯の妖精」の事なども知ることが出来ます。 

 

④絵の中に、しかけ?アイテムが隠されている

→子供は(私の息子は)毎回、楽しみにしていました。

 さり気なく意味もなく、メガネが落ちている

 と言う他愛もない、しかけ?ですけど

 何故だか、子供は喜びます。

 なので、子供も楽しんで続けられます! 

 

⑤英語力が自然とUPするように構成されている 

→ステージで語彙が限られていますので、

 無理なく、語彙力や読解力がつきます。 

 

 

 

私と息子の感想

息子が、小学1~2年生くらいの頃、

(少し迷いつつも、、、)

ORTのシリーズを購入しました。 

 

購入後、しっかり減価償却しようと、 

・CD流しっぱなし

・夜、寝る前に、読み聞かせ

をしました。

 

これで、これだけで良かったのに、

私は、、、

英語(教育)ママの意見を重視し、

スパルタしちゃいました。 

 

それは、、、、暗唱 です。。。 

 

やりすぎでした。。。(息子は嫌がりました) 

 

 

 

 

しかし、

時は過ぎ、、、、息子が高校生の頃、

(暗唱のトラウマからか?)文法は苦手でしたが、

 

CDをかけ流しの温泉のごとく、

流しまくっていたためか?

リスニングは、かなり得意でした。 

 

文法     下位5~10%

リスニング  上位5~10% 

 

 

 

そんなわけで、是非、お子さんには、 

  

〇 CDをガンガン聞かせて

 

✖ 暗唱・スパルタは、なしで 

 

 

楽しみながら、英語に触れてください♪ 

 

 

 

 

愛 ∞ 感謝 ∞ 光 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました