タロットカードは怖い?悪魔のカードの比較

カードリーディング

 

タロットカードは怖い、と言う方がいらっしゃいます。

確かに、

タロットカードには、今回ご紹介するカードのように、

怖い絵柄のカードがいくつか有ります。 

 

ですが、

タロットカードは、様々な種類があり、

絵柄がマイルドなカードも有ります。

 

私がご紹介している

ゴールデン・ボッティチェリ・タロットカードも、

絵柄が優しい、そして、金装飾がゴージャスなカードです。

 

 

ⅩⅤ, The Devil 悪魔のカードの比較

 

(向かって右)ウェイト版タロットの

悪魔のカードは、、、、

出てきた瞬間、ギョっとします。

 

そして、

いかに相談者様にダメージの無いように

鑑定結果をお伝えするか、注意が必要なカードです。 

 

それに比べて、

ゴールデン・ボッティチェリ・タロットカードは、

怖さはあまり感じず、

コミカルな雰囲気が漂います。 

 

 

 

ⅩⅤ, The Devil 悪魔のカードの解釈

ⅩⅤ, The Devil 悪魔 

 

 

【自己の内なる獣性や欲望の象徴】

 

怖いイメージを彷彿とさせるカードですが、

このカードの意味するところは、

外から恐怖が襲い掛かる、と言う事ではありません。 

 

その人の中に潜む、

獣性や暴力、欲望、一般的に言う悪い心を、

象徴しているのです。

(自分の内面を正視するカードですので、

 ある意味、外からの恐怖よりも、

 扱いが大変かもしれません。) 

 

ウェイト版タロットの絵柄には、

ヤギの頭とコウモリの翼をもつ悪魔の前に、

鎖で繋がれた男女(アダムとイブ)が描かれています。

鎖で繋がれていますが、

鎖はゆるく、その気になれば

抜け出せそうな絵柄が、深い意味を与えています。 

 

 

 

☆ 正位置

【誘惑に負けず、自分自身に打ち勝つことが大切】

・現実から逃避して、ダラダラ過ごしてしまう

・誘惑に負けて、悪い方や困った方へ進む

・自分の嫌なところ、否定していたいところに向き合う大切さ

 

 

☆ 逆位置

【強い意志の力こそが必要な時】

・悪い誘惑や、腐れ縁を断ち切ることが出来る

・反省と最善の行動により、トラブルは収束に向かう

・暴言や暴力的行動への警告 

 

 

 

ゴールデン・ボッティチェリ・タロットカードの解釈

カードの絵柄を見てください。

 

手に槍を持ち、角が生え、

悪魔と言われれば、悪魔かもしれない、

だけど、

その表情は、聡明な僧侶のようにも感じます。 

 

ウェイト版タロットの意味を踏まえて、

解釈するなら、 

【内なる欲望を、己の悪心を見つめよ!】

と、言っているようです。 

 

キリスト教(カトリック)の七つの大罪

①傲慢 ②強欲 ③嫉妬 ④憤怒

⑤色欲 ⑥暴食 ⑦怠惰

が有りますが、

その辺りも、戒めているようにも感じます。 

 

絵柄から、圧は感じませんが、

じんわりと、心の扉をノックされるようです。

 

 

 

 

 

私の悪魔のカードの解釈

【自分の内面を正視することほど、難しいことはない】 

 

【『悪』は、外に。原因を外に持つと楽】 

 

なので、

そういう意味でも、この悪魔のカードは、

厳しいカードのように感じます。

 

 

と同時に、

ウェイト版タロットの絵柄の

鎖の緩み = 頑張れば脱出できる 

と、

行動や変化を促すカードだと感じます。 

 

 

ゴールデン・ボッティチェリ・タロットカードの解釈で、

書いたように、

自己を見つめ、改心をサポートする意味も感じます。 

 

 

【図星ほど痛い】 

この、悪魔のカードを怖く感じるほど、

見つめる内面の闇?が深いのかもしれません。 

 

 

 

 

愛 ∞ 感謝 ∞ 光 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました